運ぶを最適化する

MOVO

ミッション

今、物流が逼迫していると言われています。報道されることの多い宅配事業だけでなく、市場規模が10兆円を超えるとされる企業間物流にも、問題は山積しています。普段、皆様の目に触れることは少ないかもしれません。ですが、それらはなくなってしまうと、市民生活が成り立たなくなるものばかりです。

それにも関わらず、トラックの積載率は50%を切っていると言われており、必ずしも効率化が進んでいるとは言えません。季節などによる荷量の変動が大きい物流業界において、需給調整がオフラインで行われているのが、大きな原因です。

そこで私達は、車載端末を活用した運行管理システムを中心に、統合的なソリューション「MOVO(ムーボ)」の提供を開始しました。荷物を送る事業者と運送会社を使いやすいオンラインの仕組みで繋ぐこと。運送会社の経営を支えるツールを提供すること。これらを通じて、様々な企業の物流データを蓄積するプラットフォームとなり、物流システムの全体最適を目指すこと。つまり、「運ぶを最適化する」こと。それが、Hacobuの掲げるミッションです。

Hacobu 株式会社ハコブ

サービス

物流管理担当者様・3PL事業者様に

ムーボ・コネクト

車両手配業務・受発注業務および案件管理など、大部分の管理業務をオンラインで完結できるサービスです。車載端末(ムーボ・スティック)をあわせて使うことで、車両管理も一体で行える仕組みを提供しています。

属人的・分断的になりがちな情報がオンライン化により一元管理が可能になるため、業務効率化に大きく貢献いたします。

オンラインシステムにより
配車業務を一元管理

オンラインシステムにより配車業務を一元管理

配送案件入力および案件管理、協力運送会社への案件一斉通知/配車依頼、配送指示送付など、配車に必要な業務をオンラインシステムで実現

協力会社まで含めた
運行情報を見える化

協力会社まで含めた運行情報を見える化

傭車に車載端末を装着することで、リアルタイム動態管理、荷主への車両位置情報開示までをすべてワンストップで行うことができます

To be Updated…

To be Updated

今後、更に新機能を追加予定

車両動態・運行管理をご希望の運送会社様に

ムーボ・スティック

専用端末をトラックのポートに差し込むだけ。取付工事不要・低価格で、リアルタイムに車両位置情報の管理が導入可能です。位置情報取得は物流業界最高頻度の5秒に1回!

お客様からの問合せ対応の負担軽減、他社との差別化が図れます。さらに、自動地点認識機能で、待機時間の自動把握も可能です。

ポートに差し込むだけで
簡単に使える車載専用端末

ムーボスティック OBD給電/シガー給電 ※OBDボードは、2009年以降の車両には標準装備

GPS、通信モジュールを内蔵し、OBDポートかシガーソケットに差し込むだけで位置情報取得を開始。取付工事が不要なので、傭車への導入も簡単

トラックの場所を
リアルタイムに把握

トラックの場所をリアルタイムに把握

5秒に1回の位置取得が可能で、市街地での細かい動態など、他社製品では見えなかった軌跡を把握。速度・距離・時間も記録し、日報を出力

安着・着荷確認のための
ドライバーへの連絡が不要に

自動地点認識機能により自動で入出記録を保存

自動地点認識機能を搭載し、登録地点に近づくと自動でお知らせ(ドライバー操作は不要)。待機時間も記録し、労務時間を見える化

導入ステップ

1.お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせフォーム・お電話にてお問い合わせください

2.端末送付・アカウント作成

端末送付・
アカウント作成

ご発注後、ムーボ・スティックを郵送にてお送りし、管理者ID/パスワードを発行致します

3.管理者画面で端末を登録

管理者画面で
端末を登録

車載端末と運行管理対象となる車両を紐づけます

4.ご利用開始

ご利用開始

ドライバーの方が実際に運行開始

その他の選べる車載端末

MOVOスティック(結線型)
MOVOアプリ
MOVOハブ(デジタコ)

料金体系

料金体系
ムーボ・コネクト
月額利用料 従量課金
お客様からご提出いただく
見積依頼書に準じて決定いたします
ムーボ・スティック
端末本体価格 月額利用料
オープン価格/1台 オープン価格/月額1台

まずはお問い合わせください

ニュースリリース