MOVO Channel
MOVE

MOVE

Optimize Transportation with Technologies 運ぶを最適化する
低価格の月額利用料で、物流資産の有効活用・管理コストの削減を実現します

VISION

物流業界は働き手が集まらず、物流センターでの庫内作業者やトラックドライバーが不足している中、電話やFAX、紙帳票を使ったアナログな業務が中心で、現場は疲弊しています。

Hacobuは「運ぶを最適化する」をミッションとして掲げ、「最後の暗黒大陸」と言われる物流業界にまだ注目が集まる前の2015年に創業しました。そして、move(モノの移動)× optimization(最適化)から、MOVO(ムーボ)というサービス名が生まれました。

実現したい世界は、「モノと車両と場所」にかかわる物流情報がデジタルにやり取りされるスマート・ロジスティクス。IoT等のテクノロジーを活用したSaaS(Software as a Service)の提供により、物流現場の課題をデジタル化で解決、企業間物流にかかわる事業者がプラットフォーム上でつながる世界を実現します。

その結果、物流情報がビッグデータとして蓄積され、AIによる分析ができることにより、業界の垣根を超えた物流資産のシェアリングを推進していきます。

我々はこの「IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム」というコンセプトを「Sharing Logistics Platform®」と呼び、各業界での仲間を増やしながらプラットフォームとしての競争力を高め、全体としての物流が最適化された持続可能な社会を目指します。

 

https://movo.co.jp/movowp/wp-content/uploads/Sharing-Logistics-Platform2x.png
車の画像

製品&ソリューション

  • 製品
  • ソリューション
  • 事前にトラックが入場する時間や車格・荷量・荷姿をオンライン予約。計画的な入庫・出庫で待機時間を削減します。

    もっと詳しく
  • 庫内作業者がリアルタイムに受付済みドライバーの情報を確認できバース誘導が効率化。紙の受付簿はもう不要です。

    もっと詳しく
  • 2トン、4トントラックを中心に、ネット上に登録された運送会社ネットワークの中から、安価に車両を手配できます。

    もっと詳しく
  • 各種IoTデバイスからリアルタイムに取得する位置情報をもとに、ハイレベルな配送マネジメントを簡単に行えます。

    もっと詳しく
  • 取付工事不要、導入費用も低価格なので、リアルタイムでの車両位置情報の管理が簡単に導入できます。

    もっと詳しく
  • 位置情報はもちろん、事故発生時に静止画を撮影しクラウドサーバーへ送信。安全運転支援や運行情報の管理、緊急時の迅速な対応が可能になります。

    もっと詳しく
  • 輸配送ネットワークを、アウトソース先事業者の枠を越えて多面的に可視化します。

    もっと詳しく
  • ムーボは、拠点やエリアの壁を超えて全社横断のデジタル化、オペレーションの標準化をサポートします。

    もっと詳しく
  • 荷主の期待を超えるパフォーマンスを出し、荷主から選ばれる次世代の運送ネットワーク構築を可能にします。

    もっと詳しく
MOVO 導入企業

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM 貴重な導入例満載のセミナーレポートをダウンロード

運営メディアロジスティクスの「今」を伝える

MOVO Channel 記事を読む