事例紹介

TSI・プロダクション・ネットワーク

  • トラック予約受付サービス MOVO Berth

自社開発システムから移行で数百万のコスト圧縮に成功。

TSI・プロダクション・ネットワーク

SCM本部ロジスティクス課
大村賢

導入製品 : MOVO Berth(予約)

会社/事業所・拠点名 : 株式会社TSI・プロダクション・ネットワーク 勝島センター

所在地 : 東京都品川区

延床面積 : 約8,800坪

一日あたりの受入車両台数 : 3-10台(コンテナのみ)

従業員数 : 約100名

会社概要と今回導入された拠点について教えてください。

 株式会社TSI・プロダクション・ネットワークは株式会社TSIホールディングスの機能子会社として、グループ内における生産(品質管理・貿易業務を含む)と物流を管理しています。私はSCM本部に属しており、各事業会社の物流を担当しています。

 今回導入したのは主にスポーツ系商品を取り扱う勝島センターです。多くは海外からのコンテナ貨物の納品となり、センターから各店舗へ配送しています。

自社開発したシステムは、機能追加や改修に時間もコストもかかることが課題だった。

Q.導入する以前は、どのような課題をお持ちでしたか?

 実は勝島センターと当社のもう一つのセンターでは、2年前から自社用に開発した「コンテナ予約システム」を導入していました。コンテナの荷降ろし業務は1台あたり通常2時間以上とトラックに比べて時間がかかります。コンテナの入荷予定に合わせてセンターの人員計画を立てているため、1台でもキャンセルが生じると大きな損失となってしまいます。
 計画通りに入荷を行うため、納品事業者である商社や当社の生産管理部門とエクセルを使用しメールベースでやり取りをしていましたが、煩雑で情報共有が難しいためシステム導入に踏み切った経緯がありました。

 予約システム導入により、「予定通りの入荷」「関係者間の情報共有」は可能になりました。しかし2年経過すると現場の運用も変化があり、機能追加の要望が出始めました。ただ良くも悪くも自社用に作りこんだシステムのため、導入当時に要望した機能以外は搭載されていません。また機能を追加する度に大きな費用を要するだけでなく、時間もかかってしまいます。

 今後他のセンターへの展開を考えていたこともあり、限界を感じていました。

①多様な業種・業態に対応が可能②定期的な新機能追加③導入スピードの速さ

Q.ムーボは以前のシステムとどのような点が違うと感じられましたか?

 ムーボは様々な業種・業態での利用が想定されているため、機能が多く、設定内容についてもユーザーの自由度が高いと感じました。大規模センターだけではなく、弊社のようにバースが少なく一日の受け入れ車両台数が10台以下の場合でも使いやすいシステムです。
 また、ムーボは新機能追加に関しても費用が発生しません。多くのユーザーが便利だと感じている機能が実装され、その恩恵が受けられることは大きな魅力でした。繁忙期までに導入したかったので、1か月程度でスピーディーな導入が可能であることも重視した要素でしたね。

 他センターへの拡大も今後見据えていたので、自社用システムで運用変更の度にコストをかけて改修するよりは、機能が揃っているムーボに切り替えたほうがいいと考えました。

1か月前から予約してもらい、修正の度にシステム上で情報共有

Q.現在は、どのようにお使いいただいていますか?

 予約機能を利用し、配車担当予約型で運用しています。納品事業者に事前にコンテナ搬入の予約をしてもらっています。
 コンテナの船積み計画は早めに立てられているので、通常1か月先位までの予約を入れてもらうことが多いですね。予約日程に変更が生じた場合はその都度修正いただき、センター側と予定を共有します。

現場の運用変更要望に合わせたシステム利用が可能に

Q.導入後、当初の課題は解決されましたか?

 はい、既に幅広い機能を持つムーボに切り替えたことで、運用変更によるシステム改修が不要となりました。また、これまではスケジュール管理だけだったのですが、ブランドなど商品情報についても取得できるようになりました。商品や台数、時間についての情報が実績として取得できることで、振り返りがしやすくなったこともメリットだと思います。

 システム移行によってセンターでの混乱を危惧しましたが、全く生じませんでした。ムーボへ導入前にカスタマーサクセスチームにも同席いただき、センターで操作する担当者向けに説明会を行ったことで理解が深まったと思います。

 ムーボはシステムの自由度が高いゆえ事前のルール決めが重要ですが、サポートいただきながら運用を決めていくことが出来ました。

Q.ありがとうございます。今後の展開を聞かせてください。

 現在は勝島センターでコンテナ入荷のみ予約を行っていますが、今後は対象をコンテナだけではなくトラックにも広げ、また他のセンターにも広げる計画を立てています。当社は全国に4拠点センターがありますが、その中でも成田センターは物量が多く大規模なセンターなので、待機トラックの対応としてもバース管理を導入する予定です。

 今後もムーボを使って「関係者間の情報共有」「事前計画による無駄のない庫内作業」「待機トラック削減」を実現していきたいです。

 

TSI・プロダクション・ネットワーク様、ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM 貴重な導入例満載のセミナーレポートをダウンロード

運営メディア物流×テクノロジーを発信

MOVO Channel 記事を読む