アイコン

3PL事業者向けソリューション

3PL事業者向けのMOVO

拠点やエリアの壁を超えて
全社横断で輸配送をデジタル化します。

各荷主別に最適化されたロジスティクス・サービスを提供するために、3PL事業者では
各拠点別に全くことなったオペレーションや管理が行われていることが多く発生しています。
MOVOは全社横断のデジタル化、オペレーションの標準化をサポートします。

MOVOバース管理を導入して、
物流情報プラットフォームに参画する。

MOVOバース管理を導入して、物流情報プラットフォームに参画する

ロジスティクスセンターの運営を効率化するために、納品車両や物量の情報を事前に把握・コントロールすることが必要になってきています。また、流通事業者のセンターでは多くの配送車両の出入りをコントロールすることが重要になってきています。 MOVOバース管理は 様々な業務パターンで入庫および出庫車両の管理を可能 にします。また、MOVOトラック入場受付と連携することで現場での煩雑な車両管理、呼出の自動化を実現します。

MOVOバース管理を導入して、物流情報プラットフォームに参画する

車両の動きを見える化して、荷主への付加価値を高める。

車両の動きを見える化して、荷主への付加価値を高める。
車両の動きを見える化して、荷主への付加価値を高める。

荷主事業者がロジスティクスの改善を積極的に行おうとする場合、自社の輸配送ネットワークの可視化を行いたいと考えるケースが増えてきています。そのような場合、荷主事業者主導ではなく、3PL事業者主導で輸配送ネットワークの可視化を行い荷主事業者に共有することによって付加価値を提供し、ビジネスを拡大するチャンスがうまれます。また、大手の3PL事業者では輸配送ネットワークが各事業者で縦割りになっていることにより、規模の経済が働かない状態が起こっています。そこで、庸車を含めた車両の見える化、分析を行うことにより、自社内の最適化を実現することができます。

車両調達の工数を削減、
調達業務の属人化を防ぐ。

車両調達の工数を削減、調達業務の属人化を防ぐ

配送車両の調達やコントロールを荷主事業者自ら行っている場合は、ドライバー不足が深刻になる中で車両の調達に大きな工数がかかる、車両の調達が配車担当に属人化するために事業の継続上リスクがある、などの問題を抱えています。そのような場合はMOVO配送マッチングを利用することで、MOVOプラットフォーム上の約300社の運送会社に依頼をかけることができます。

車両調達の工数を削減、調達業務の属人化を防ぐ
  • ホーム
  • 3PL事業者向けソリューション
ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM