アイコン

荷主事業者向けソリューション

荷主事業者向けのMOVO

輸配送ネットワークを、
アウトソース先事業者の枠を越えて
多面的に可視化します。

荷主事業者にとって、輸配送やセンター運営を3PL事業者や運送事業者にアウトソースしつつも、
ネットワークを可視化して戦略的なアクションをとっていくことが必要になっています。
MOVOはネットワークの可視化からアクションの実行までサポートします。

MOVOバース管理を導入して、
物流情報プラットフォームに参画する。

MOVOバース管理を導入して、 物流情報プラットフォームに参画する。

待機時間問題が社会課題化するなか、バース管理システムを導入することは、3PL事業者だけでなく荷主事業者の責任となってきています。MOVOバース管理を荷主事業者主導で導入することは待機時間問題に対する責任を果たすだけでなく、自社拠点のセンター運営の生産性を把握することにも貢献します。また、MOVOプラットフォーム上に参画している大手事業者との連携が可能になり、物流情報をデジタルに連携していくことが可能になります。

MOVOバース管理を導入して、 物流情報プラットフォームに参画する。

車両の動きを見える化して、効率化を促進する。

車両の動きを見える化して、効率化を促進する
車両の動きを見える化して、効率化を促進する

多くの荷主事業者では配送車両の管理を複数の3PL事業者もしくは運送事業者にアウトソースしているために自社の荷物の配送ネットワークをコントロールすることが難しくなっています。他荷主事業者との共配を検討する、固定庸車の遊休スペースを有効活用するなどの積極的なロジスティクス戦略を検討するには自社の配送ネットワークを見える化することが必要です。

車両調達の工数を削減、
調達業務の属人化を防ぐ。

車両調達の工数を削減、調達業務の属人化を防ぐ

配送車両の調達やコントロールを荷主事業者自ら行っている場合は、ドライバー不足が深刻になる中で車両の調達に大きな工数がかかる、車両の調達が配車担当に属人化するために事業の継続上リスクがある、などの問題を抱えています。そのような場合はMOVO配送マッチングを利用することで、MOVOプラットフォーム上の約300社の運送会社に依頼をかけることができます。

車両調達の工数を削減、調達業務の属人化を防ぐ
  • ホーム
  • 荷主事業者向けソリューション
ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM