ニュース

物流情報プラットフォーム「MOVO」を提供するHacobu、トラック予約受付サービス「MOVO Berth」のオンラインチェックイン機能において特許を取得

 「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 佐々木太郎)は、このたび、トラック予約受付サービス 「MOVO Berth」のトラックドライバーが携帯電話で倉庫への入退場手続きができるオンラインチェックイン機能において、特許を取得いたしましたことをお知らせいたします。この機能はすでに「MOVO Berth」に実装されており、すでに多くの導入企業様にご利用いただいております。

 従来トラックドライバーは多くの物流施設や倉庫において、トラックドライバーは到着時に受付手続きのためにトラックを降りて窓口に移動する手間がありました。
 今回取得したオンラインチェックイン機能の特許は、物流施設や倉庫から一定の半径内に入った際に、トラックドライバーが携帯電話から物流施設への入退場受付を登録できるものです。これによりドライバーが物流施設の近くにいる確実性を担保しながら受付窓口への移動の手間を減らすことができるようになり、トラックの待機問題解決および構内の安全確保の取り組みの一助となります。
 Hacobuは各種サービスの技術開発と提供によって、物流業界の業務効率化と変革を実現して参ります。


【公開特許情報】
特許番号:特許第6644300号
発明の名称:車両誘導システム、車両誘導方法およびプログラム
特許権者:株式会社Hacobu
特許登録日:2020年1月10日

トラック予約受付サービス「MOVO Berth」について

クラウドベースの物流情報プラットフォーム「MOVO」のサービスで、トラックバース(トラックと物流施設の間で荷物の積卸しをするために、施設内でトラックを接車するスペース)の予約や物流施設における入退場受付をオンライン上で管理する仕組み。入出荷情報の共有化、車両平準化を行うことが可能。受付と予約、2つのモジュールで構成され、相互に連携することが可能です。

Hacobuについて

Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、デジタル物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。

  • ホーム
  • ニュース
  • 物流情報プラットフォーム「MOVO」を提供するHacobu、トラック予約受付サービス「MOVO Berth」のオンラインチェックイン機能において特許を取得
ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

MOVO 配送マッチングは 050-5358-8886

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM 貴重な導入例満載のセミナーレポートをダウンロード

運営メディア物流×テクノロジーを発信

MOVO Channel 記事を読む