動態管理サービス MOVO Fleetの配送計画機能が進化 荷物・荷量情報を組み込み高度な輸送分析が可能に

「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指す株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、動態管理サービス MOVO Fleet(ムーボ・フリート)の配送計画機能に「荷物・荷量管理機能」を追加しました。ドライバー向けオプション機能と併用することで、荷量と作業時間の実績データが取得でき、高度な配送業務の分析をサポートします。

動態管理サービス MOVO Fleetは、物流業界に特化したテレマティクスサービスで、GPSを使った車両位置把握により、車両管理における業務負荷軽減や、配送の効率化を行うことが可能です。

MOVO Fleetのオプション機能の配送計画機能は、ダッシュボード上で配送計画を一覧表示し、計画に対する実績、遅れを把握することで運行管理の負荷を軽減します。今回追加された「荷物・荷量管理機能」により、配送計画に配送の内容(荷物名、伝票番号、荷姿、数量等)も指示できるようになりました。

配送計画画面

配送計画画面

<運行管理者のメリット>
ドライバーに配送の内容(荷物名、伝票番号、荷姿、数量等)を指示することができます。ドライバー向けオプション機能のドライバーサポートプランを併用いただければ、配送指示書の手渡しが不要になるだけでなく、配送改善のためのデータ取得が可能になります。具体的には、ドライバーがスマートフォンで登録する荷積み荷降ろしなどの実績データから、荷量と作業時間の分析ができるようになります。

<ドライバーのメリット>
ドライバーサポートプランを併用いただければ、配送計画、配送の内容(荷物名、伝票番号、荷姿、数量等)をスマートフォンで確認することができます。荷物の検品管理、物品の破損が発生した場合の報告等に活用することが可能です。

動態管理サービス MOVO Fleetについて

Logistics Cloud MOVO(ムーボ)のアプリケーションの1つで、物流業界に特化したテレマティクスサービス。車両管理の効率化で、荷主と運送会社双方のコスト削減を支援。
端末は、複数の給電方法が選べるGPSトラッカー「ムーボ・スティック」と、GPS機能付き通信型ドライブレコーダー「ムーボ・アイ」の2種があるほか、日野自動車のコネクティッドトラックは端末なしで利用可能。
https://movo.co.jp/movement_manage

お電話でのお問い合わせ

050-5358-8885

受付時間 平日9:00〜18:00