最新情報

TRAN/SUM: Transportation and Mobility Technology Summit (トランザム)において、弊社代表佐々木がパネルディスカッションとピッチランに登壇しました

 株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木太郎、https://movo.co.jp/、以下「Hacobu」)は、代表取締役社長の佐々木 太郎が12月7日(金)に開催されたTRAN/SUM: Transportation and Mobility Technology Summit (トランザム)ににおいて「待ったなしの物流革命:始まるデジタルイノベーション」(パネルディスカッション)に登壇し、また、PITCH RUNにおいてピッチスピーチを行ないましたことをご報告致します。

 パネルディスカッションでは、「待ったなしの物流革命:始まるデジタルイノベーション」と題して、BtoB物流におけるデジタルイノベーションの実態と現在の課題、今後の展開などについて熱い討論がなされました。

▲当日のパネルディスカッションの様子

▲当日のパネルディスカッションの様子

 PITCH RUNは、トラモテック関連スタートアップの中で書類選考を突破した計25社が登壇し、
各社の事業内容や今後の展望についてピッチスピーチを行ないました。

TRAN/SUM: Transportation and Mobility Technology Summit (トランザム)とは

 TRAN/SUMは、日本経済新聞社が企画・運営するクロステック(X-Tech)のグローバルスタートアップイベント、SUMシリーズの最新作です。
 これまで、Fintech(フィンテック)をテーマにしたFIN/SUM(フィンサム、2016 – 18)、Agritech(アグリテック)をテーマにしたAG/SUM(アグサム、2017 – 18)、Regtech(レグテック)をテーマにしたREG/SUM(レグサム、2017 – 18)を開催してきました。
 SUMシリーズは、オープンイノベーションをベースに、スタートアップとの協働や競争によって、グローバルな成長を実現するエコシステムの創出・醸成を目指します。

Hacobuについて

 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報統合プラットフォーム「MOVO」を提供する会社です。

MOVO(ムーボ)とは

 MOVOは、統合的な物流管理ソリューションとして輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指し、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供しています。MOVOという名前は、move(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

  • ホーム
  • 最新情報
  • TRAN/SUM: Transportation and Mobility Technology Summit (トランザム)において、弊社代表佐々木がパネルディスカッションとピッチランに登壇しました
ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM