ニュースリリース

物流拠点に特化した、ドライバーにやさしい仕様のトラック受付システムを開発致しました。

2018/5/21

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、2018年5月21日、クラウドベースの物流情報プラットフォームMOVO(ムーボ)上で、倉庫に車両の列ができてしまい、受付の効率が悪いというお悩みをお持ちの皆様のために、「トラック受付システム」をリリースしました。パソコンやタブレットをご用意頂くだけで簡単に使い始められ、紙の帳簿が不要となります。Hacobuが2月に発表した、バース予約システムとの連携も可能です。
Hacobuは、物流情報のデジタル化と社会全体での物流資産の効率活用に向けて、物流情報プラットフォームへの参加事業者を、拡大していきます。

■Hacobuのトラック受付システムの特徴

 Hacobuのトラック受付システムは、物流現場に特化したシステムであり、現場のドライバー・倉庫の管理者が使いやすい設計になっています。例えば、ドライバーの呼び出しは全て携帯電話のSMS(ショートメッセージ)で可能であり、ガラケー、スマホいずれを使っているドライバーにも対応しており、専用アプリのダウンロード等は不要です。
 また、バース予約システムとの連動が可能であり、Hacobuが提供する他の物流事業者向け機能(動態管理、オンライン配送受発注等)との連携も見据えた拡張性が特徴です。
 更に、今回のトラック受付システムは、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する「IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)」のITツールとして登録されており、補助対象となります。

■物流拠点におけるトラック受付業務の現状

 多くの物流拠点において、トラックドライバーの入退場時の受付は、紙のノートに到着順に運送会社名・ドライバー名を記載する昔ながらの方法が採られています。また、トラックドライバーの誘導も、ノートに記載されたドライバーの携帯電話番号を確認しながら、都度連絡するという形が主流です。この方法では、労務管理のため、また業務効率化に向けた分析のために入退場記録を収集しようとしても、逐一情報を転記する必要があります。
これまで、物流現場に特化した受付システムは市販されているものの、比較的種類が少なく、飲食店向け等、他業種のシステムを流用している例も見受けられました。

■今回開発したソリューションの概要

 Hacobuのソリューションは、具体的には、下記の様なプロセスをオンラインでサポートします。

(1)ドライバーが物流拠点に到着後、タブレットまたはタッチパネル式のパソコン画面に、携帯電話番号、運送会社名などを入力する。事前に、受入側倉庫でドライバーを登録しておくことも可能であり、その場合、携帯電話番号を入力するだけのワンタッチで確認・登録が完了する。


▲タブレット画面イメージ


▲事前登録済みの情報が表示される

(2)受入側倉庫の管理者側では、到着したドライバーの状況を一覧画面で管理しながら、順番にボタンを押していくだけで、入場指示を行うことができる。


▲管理画面と呼び出し機能


▲バース管理カレンダー

(3)待機中のドライバーのスマホにSMSで荷卸指示等が表示される。SMSを使用しているため、携帯電話さえあれば、ガラケー、スマホを問わずあらゆるドライバーが利用でき、スマホ専用アプリのダウンロード等は不要。

(4)退場時も、(1)同様に、タブレット等で退場受付をドライバーが実施する

(5)一連のドライバー実績情報が蓄積され、CSVファイルで出力可能
・入場時間(ドライバーが受付した時間)
・呼び出し時間(受付または現場作業員がドライバーをバースへ誘導した時間)
・作業開始時間:現場作業員が画面で操作
・作業終了時間:現場作業員が画面で操作
・退場時間(ドライバーが受付した時間)

■バース予約システムとの連携

 今回のソリューションは、2月に提供開始したオンラインバース予約システムから、大規模倉庫事業者から中小まで、要望の多かった入荷当日のドライバー受付・誘導機能を切り出して提供したものです。そのため、現場での受付業務電子化だけではなく、将来的には前工程である納品予約業務の改革を進めたい事業者様には、まずは分かりやすく納品事業者やドライバーに負担の少ない受付の電子化を行い、段階的に次のステップに進める、という事が可能になります。
また、物流事業者様がバースの予約・受付ソリューションの双方を導入することで、(物流総合効率化法)に定める特定流通業務施設の設備要件である「トラック予約受付システム」を充足し、荷待ち時間に向けた取り組みを推進することができます。


▲MOVOバース管理システムの全体像と受付システムの範囲

■今後の計画

 Hacobuは既に提供している動態管理ソリューションや、オンライン配送受発注等の機能と、今回開発した受付システムや、バース管理ソリューションとの機能連携を更に進めていく予定です。それによって、荷物を出すところから、走行中のトラックの管理、倉庫に到着するところまでを、シームレスに管理できるクラウドサービスを普及させていきます。

■Hacobuについて

 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報統合プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指し、これまで配送受発注のオンライン化、オンライン求車サービス、トラックの動態管理、温度管理、納品車両・バース管理ソリューション等の機能モジュールを展開してまいりました。