最新情報

2018 TRON Symposiumにおいて、弊社代表佐々木が登壇しました

 株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木太郎、https://movo.co.jp/、以下「Hacobu」)は、代表取締役社長の佐々木 太郎が12月14日(金)に開催された2018 TRON Symposium においてプレゼンテーションならびにダイワハウスグループセッション:「Intelligent Logistics Center『ダイワロジテック:物流ロボット プログラミングコンテスト』に登壇したことをご報告致します。

▲当日のプレゼンテーションの様子

▲当日のプレゼンテーションの様子

TRON Symposium概要

 TRONプロジェクトは、「オープンアーキテクチャ」の哲学のもと「どこでもコンピュータ」─IoT (Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング環境の実現に向けた総合プロジェクトです。メーカやサービス提供者間の垣根を越えて、利便性の高いサービスを生み出す「OPEN IoT」を実現するための要素技術や応用例、さまざまなプロジェクトとの連携事例を多数ご紹介します。今年も、IEEE Consumer Electronics Societyの技術協賛をうけ、組込みシステムや、IoT、AI、オープンデータなどの最先端の研究発表を行います。 

 ダイワハウスグループでは、物流システムに関連したデータをオープンデータとして公開し、これを利用するアプリケーションや研究レポートを募るというユニークなコンテストを開催してきました。2018 年は物流センターの実在データを使い、物流ロボットを最適に動かすプログラムを競うコンテストを実施予定となっており、弊社佐々木は審査員として参加予定です。

 本セッションでは、未来のロジスティクスなどの方向性や今までの物流、これからの未来の物流のあり方まで熱く議論されました。

▲当日のセッションの様子

▲当日のセッションの様子

コーディネーター・登壇者

【コーディネーター】
・坂村 健様
(東洋大学情報連携学部 INIAD 学部長、YRP ユビキタス・ネットワーキング研究所長)

【登壇者】
・秋葉 淳一様(株式会社ダイワロジテック 代表取締役社長)
・竹林 桂太朗様(大和ハウス工業株式会社 東京本店 建築事業部長)
・代表取締役 佐々木 太郎(株式会社Hacobu)

MOVO(ムーボ)とは

 ムーボは、統合的な物流管理ソリューションとして、トラックが手配しにくい問題(求車)、トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供しています。

 ムーボの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM