ニュースリリース

バース管理システムに、ドライバーが携帯で倉庫への入退場手続きができるオンラインチェックイン機能を追加しました。便利でスマートな受付方法でトラックの待機問題解消へ取り組んでまいります。

2018/7/13

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、2018年7月5日、クラウドベースの物流情報プラットフォームMOVO(ムーボ)上で提供しているバース管理/受付システムに、ドライバーが携帯から入出場手続きを行う事ができるオンラインチェックイン機能を追加いたしました。これによって、ドライバーがセンターや倉庫に到着した際に車を降り受付まで行く手間がなくなり、待機問題の元になるトラック渋滞の緩和が可能になります。

▲オンラインチェックインの仕組み

 

今回開発した機能の概要

〜ドライバーが携帯から倉庫への入退場手続きを行う事ができるオンラインチェックイン機能を追加〜

今まではドライバーがセンターや倉庫に到着した際、車を降り受付まで行き、帳簿で受付手続きを行っていました。今後はこの作業をオンライン上で完結することが可能になります。

センターや倉庫に到着後のドライバーの手間を減らすことで、より昨今社会課題として話題になっている待機問題の元になるトラック渋滞の緩和が可能になります。

 

社会課題化するトラック待機問題

これまで多くの物流拠点において、トラックが早い者勝ちでランダムに到着し、結果として周辺でのトラックの滞留が起こっていました。その結果、数時間に及ぶ待機が常態化し、輸配送ネットワークの非効率性、ドライバーの長時間労働や周辺住民・交通への悪影響の原因となっていました。それを背景に、国土交通省が2017年5月、荷待ち等の実態を把握し、そのデータを元にトラック事業者と荷主の協力による改善への取り組みを促進するため、荷待ち時間等の記録を義務付ける省令を交付するなど、社会課題として急速に認識が高まってきました。

 この状況を鑑み、Hacobuは2018年2月26日、クラウドベースの納品車両のバースへの予約・割当・受付が可能なバース管理システムを提供開始してまいりました。

▲オンラインチェックイン画面イメージ

Hacobuのバース予約/受付システムの特徴

(1)納品車両情報の事前共有や納品予定バースの自動割当が可能

今まではトラックが到着した順番で待機をしていたものを、事前に予約することで計画的なバース誘導ができ、待機時間の削減や庫内作業の効率化を図ることができます。

・予約機能:希望納品時間枠、納品トラック情報(車格、荷姿等)をオンラインで登録(積荷明細の添付も可能)。運送会社が決定次第、ドライバー情報も登録できます。

・割当機能:事前にマスター登録した条件を元に自動でバースを割り当てます。

・受付機能:パソコンやタブレットをご用意頂くだけで簡単に使い始められる倉庫の受付システムです。

(2)専用機器やアプリのダウンロードなどは一切不要

専用の機器やアプリのダウンロードは必要なく、お持ちのパソコン・タブレット、ドライバーの持っているスマホやガラケーを使用してすぐに運用可能です。

(3)バース予約システムとの連携も可能

トラック受付システムは、パソコンやタブレットをご用意頂くだけで簡単に使い始められる倉庫の受付システムで、導入頂くと紙の帳簿が不要となります。

また、バース予約システムと連携することによって納品車両情報の事前共有や納品予定バースの自動割当から、納品当日の物流拠点側での受付・誘導業務までを一貫してオンラインで完結することが可能になります。

今回のオンラインチェックイン機能追加において、より柔軟に入退場を受け付けることが可能になります。タブレットの受付機能との併用も可能です。

 

今後の計画

今回のリリースによってセンターや倉庫などの入退場の受付方法に選択肢が増え、より柔軟にバースの管理が可能になります。例えば、バースの予約機能(3パターンの予約形式)と受付機能(タブレット/オンラインチェックイン)を組み合わせることにより、自社の倉庫間で荷物を運ぶ場合や、卸売業や水産業などの幹線輸送が多い場合、また複数拠点への輸送や納品時間の予定が直前にしか判明しない場合、受け入れ事業者と納品事業者が連携する場合など、様々な業種形態のお客様にご活用いただけます。

 

Hacobuについて

Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、IoTとクラウドを統合した物流情報統合プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。輸配送の課題をテクノロジーを活用して解決することを目指し、これまで配送受発注のオンライン化、オンライン求車サービス、トラックの動態管理、温度管理、納品車両・バース管理ソリューション等の機能モジュールを展開してまいりました。

 

プレスリリースはこちら