ニュースリリース

MOVO(ムーボ)バース管理ソリューションの受付機能がバージョンアップ 。ドライバー受付時に入力できる項目が増え、より柔軟な管理が可能になります。

2018/8/23

株式会社Hacobu(ハコブ、 本社:東京都港区、 代表取締役 佐々木太郎、 以下「Hacobu」)は、 2018年8月、 IoTとクラウドを統合した物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」(以下「ムーボ」)上で提供しているバース管理ソリューションにおいてドライバーの受付時に入力できる項目の追加を行いました。
今回の機能追加により、 到着したドライバーのドライバー情報に加え、 商品分類や車両の形態、 荷姿や荷量に至るまで、 より詳細な情報をデータとして記録・蓄積できるようになります。

 

▲受付詳細画面イメージ画面(すべての項目を表示した場合)

 

今回開発した機能の概要

~ドライバーの受付時に入力できる項目を追加~

今回の機能は、 従来から提供している受付の機能を拡充し、 より柔軟に管理ができるようにするものです。 具体的には下記の内容から必要な事項を選択可能になります。

・出荷元/出荷先名
・取引先名
・商品分類
・運送会社名
・車両番号
・ドライバー名
・ドライバー携帯電話番号
・車両形態
・商品形態
・荷姿
・荷量
・荷物概要
・連絡事項

 Hacobuのバース管理ソリューション・受付機能の特徴

受付機能は、 倉庫や物流センターにおいて、 普段お使いのパソコンやタブレットを使用することで簡単に始められ、 導入することで紙の帳簿が不要となります。
専用の機器やアプリのダウンロードは必要なく、 お持ちのパソコンやタブレットを使用できるのですぐに運用を開始できます。

 予約機能との連携も可能

予約機能と連携することで、 車両情報の事前共有や車両受入予定バースの計画作成が可能になります。
今まではトラックが到着した順番で待機をしていたものを、 事前に予約することで計画的なバース誘導ができ、 待機時間の削減や庫内作業の効率化を図ることが可能です。

・予約機能:希望納品時間枠、 車両情報(車格、 荷姿等)をオンラインで登録(積荷明細の添付も可能)。 ドライバー情報も適宜登録できます。
・割当機能:事前にマスタ登録した条件をもとに自動でバースに受入車両を割り当てます。

今後の計画

今回の機能拡充は、 より詳細な情報を受付時に記録したいというお客様の声をもとに開発したものです。 Hacobuでは今回の機能強化をきっかけに、 バース管理ソリューションにおける受付機能の活用範囲が更に拡大することを見込んでおります。

Hacobuは今後も引き続き、 ユーザー様の声を聞きながら、 機能を強化してまいります。

MOVO(ムーボ)とは

ムーボは、 統合的な物流管理ソリューションとして、 トラックが手配しにくい問題(求車)、 トラックの位置情報を把握できない問題(運行管理)、 そして待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題(バース管理)等を解決するための機能をクラウド型プラットフォーム上で提供しています。

ムーボの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。 ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

 Hacobuについて

Hacobuは、 「運ぶを最適化する」をミッションとして、 企業間物流の最適化を目指し物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。

プレスリリースはこちら