ニュース

LIXILビバ「東松山物流センター」にMOVO(ムーボ)バース管理ソリューションの導入が決定 ~国内ホームセンターの専用物流センターで初の事例~

 「MOVO(ムーボ)」(以下「ムーボ」)を運営する株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役 佐々木太郎、以下「Hacobu」)は、株式会社LIXILビバ(以下「LIXILビバ」)が新設した「東松山物流センター」にMOVO(ムーボ)バース管理ソリューションの導入が決定したことを報告します。国内ホームセンターの専用物流センターにおける同ソリューションの導入として初の事例となります。

<「MOVO(ムーボ)」導入の多様な業態への拡がり>
 大手GMS・スーパーチェーンや食品卸など、食品業界におけるサプライチェーンで特に拡がりを見せているムーボ・バース管理ソリューション(トラック予約・受付システム)ですが、国内ホームセンターの物流拠点における導入は初めての事例となります。今回ムーボ・バース管理ソリューションが「東松山物流センター」で導入されることで、幅広い業態の物流拠点で、ムーボを介した物流情報のやりとりが開始されることになります。

<ムーボ・バース管理ソリューションを利用し、計画的な入荷業務を実施>
 「東松山物流センター」ではムーボ・バース管理ソリューションの「予約機能」「受付機能(SMSによる車両呼出し)」を導入します。同ソリューションの機能を利用することにより、車両待機時間の削減や入荷業務の効率化に貢献できます。また、これにより取得できるデジタル情報をもとに、納品時間の適切な設定や人員の適切配置などが可能となり、同センターの出荷能力向上に寄与します。

▲ムーボ・バース管理ソリューション「予約機能」「受付機能(SMSによる車両呼出し)」活用イメージ

▲ムーボ・バース管理ソリューション「予約機能」「受付機能(SMSによる車両呼出し)」活用イメージ

<Hacobuが目指す姿>
 当社は企業間物流におけるあらゆる事業者のためのデジタル物流情報プラットフォーム「ムーボ」を提供、プラットフォーム上で蓄積された物流ビッグデータの活用により物流全体の最適化を行い、持続可能な社会を創ることをミッションとしています。現在、既に全国1,300以上の物流拠点において物流に関する情報が「ムーボ」を通じてやり取りされ、月間100拠点超のペースで利用拠点が増え続けています。

MOVO(ムーボ)とは

 ムーボは、SaaS型の物流管理ソリューションとして、待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題、トラックが手配しにくい問題、そしてトラックの位置情報を把握できない問題等を解決するためのクラウド(バース管理、配送マッチング、動態管理)を提供します。上記ソリューションの提供によって、物流情報がクラウド上でやりとりされるデジタル物流情報プラットフォームを形成し、そのデータが標準的なフォーマットで蓄積・分析されることで、全体としての物流が業界・事業者の枠を超えて最適化された社会を実現します。その過程において、ロジスティクス業界でデジタルトランスフォーメーションを推し進め、AIなどのテクノロジーを普及させることを企図しています。

 ムーボの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

Hacobuについて

 Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、デジタル物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。

  • ホーム
  • ニュース
  • LIXILビバ「東松山物流センター」にMOVO(ムーボ)バース管理ソリューションの導入が決定 ~国内ホームセンターの専用物流センターで初の事例~
ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM 貴重な導入例満載のセミナーレポートをダウンロード

運営メディアロジスティクスの「今」を伝える

MOVO Channel 記事を読む