ニュース

学習院大学において「Entrepreneurship & Venture Initiation」というテーマで弊社佐々木が講演しました

 株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐々木 太郎、https://movo.co.jp/、以下「Hacobu」)は、代表取締役社長CEOの佐々木 太郎が、10月2日(水)に学習院大学の講義において「Entrepreneurship & Venture Initiation」というテーマのもと、講演したことをご報告致します。

▲佐々木の登壇の様子

▲佐々木の登壇の様子

「Entrepreneurship & Venture Initiation」というテーマのもと、
佐々木の当社を含めた3回の起業の経験を元に、下記の内容でお話させていただきました。

Section 1”はじめにあるもの”

Section 2”想いを形にする方法”

Section 3”起業という選択肢”


具体的な起業の経験を織り交ぜた内容に、学生の皆様も様々な気づきを得たようです。
その後も質問が飛び交い非常に有意義な時間になりました。

 

▲講義の様子

▲講義の様子

MOVO(ムーボ)とは

 ムーボは、SaaS型の物流管理ソリューションとして、待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題、トラックが手配しにくい問題、そしてトラックの位置情報を把握できない問題等を解決するためのクラウド(バース管理、配送マッチング、動態管理)を提供します。上記ソリューションの提供によって、物流情報がクラウド上でやりとりされるデジタル物流情報プラットフォームを形成し、そのデータが標準的なフォーマットで蓄積・分析されることで、全体としての物流が業界・事業者の枠を超えて最適化された社会を実現します。その過程において、ロジスティクス業界でデジタルトランスフォーメーションを推し進め、AIなどのテクノロジーを普及させることを企図しています。

 ムーボの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

 

Hacobuについて

Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。

  • ホーム
  • ニュース
  • 学習院大学において「Entrepreneurship & Venture Initiation」というテーマで弊社佐々木が講演しました
ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせ

電話番号 050-3852-2987

受付時間 平日9:00〜18:00

WEBからのお問い合わせ

MAIL FORM 貴重な導入例満載のセミナーレポートをダウンロード

運営メディアロジスティクスの「今」を伝える

MOVO Channel 記事を読む